できることは、少しだけ。

ひきこもりからののんびり人生

面接の自己PRと志望動機の台本と練習

就職面接の質問というものは、それぞれの職場によって異なる。面接官も1人の場合もあるし、4人のこともある。

面接での質問は、その場その場で対応しなくてはいけない。だが、自分がどのような経歴なのか、なぜその仕事を働きたいのかはどのような場合でも伝えなくてはいけない。

面接官から「自己PRしてください」と言われることもあるし、一つ一つ質問されることもあるが、とりあえず自己PRの練習をすれば、個々の質問には答えやすくなる。かつ、自己PRは練習しないスムーズに1~2分話続けることはなかなか難しいので、台本を容易し、練習すると本番が楽である。

こんなことを書きつつ今まではあまり真面目に面接練習をしてこなかったので、今回はやってみることにした。台本をスマートフォンのメモに書いて、何度も音読する。音読すると、書いたものが不自然であることに気づくので、その都度修正する。大きな声でゆっくりはっきり音読すれば、発声の練習にもなる。この練習をしておいたら、本番の面接で、声がスムーズに出てほっとした。

一度台本を作ってしまえば、求職活動の間ずっと使えるので、非常に効率的である。想定される質問をもっと考え、更に回答を作って練習したいと思う。


ひきこもりランキング