できることは、少しだけ。

ひきこもりからののんびり人生

カフェイン摂取量を2週間で0にする

 


yamadasato.hatenadiary.jp

 

yamadasato.hatenadiary.jp

ノンカフェイン生活を目指し、毎日のコーヒーを紅茶に切り替えてから、2週間で飲む紅茶の量を0にすることができた。

 

私の場合、急にカフェイン摂取を0にすると極度の頭痛がしたので、少しずつ量を減らした。

 

最初の1週間は、紅茶を朝に1杯飲む。コーヒーに比べると大分カフェイン量は減ったはずだが、頭痛など困る症状は起きなかった。そのため、6日目はコップに0.5に半減させた。減らした当日に頭痛があったものの耐えられたので、3日連続半杯にした。

 

0.5杯のあとは、0.25杯へ。自分でも細かいと思うが、あの離脱の頭痛は二度と味わいたくないレベルのものだったので、慎重である。ちなみに、この減らし方は、抗うつ剤SSRI)のジェイゾロフトを減らした時のものに似ている。SSRIの場合、毎日1錠だったものを、一日おきに0.75錠を1週間、その次の週は0.75錠、その次の週は0.75錠と0.5錠…と1週間おきに減らしていった。

 

今回のカフェインでもこの減量計画が功を奏した。0.25杯を3日続けた後、1日完全に0の日を作った。軽い頭痛が出たものの、ほとんど耐えられる。翌日は0.25杯のみ、その次の日から完全に0にした。

 

16日目まで記録したが、今のところ心身の調子は良いので、このままカフェイン0生活を続けて見る。ちなみに、カフェインレス(ディカフェ)のコーヒー、紅茶も飲まず、ハーブティ等ノンカフェインの飲料のみを飲むことにする。カフェインレスのコーヒーを飲み続けると、普通のコーヒーに手を出しやすくなる気がするので。このまま続けて見ます。

f:id:yamadasato1985:20200928102402p:plain

 

yamadasato.hatenadiary.jp