できることは、少しだけ。

ひきこもりからののんびり人生

来月、沖田×華氏の漫画2冊発売

2020年10月14日に『お別れホスピタル』5巻、10月15日に『父よ、あなたは…』が発売予定である。父よ、あなたははKindle版も同時発売だが、お別れホスピタルはタイムラグがありそうだ。漫画はKindleのみで買うようになって数年だが、このタイムラグはどきまぎする。

お別れホスピタル (5)

お別れホスピタル (5)

  • 作者:沖田 ×華
  • 発売日: 2020/10/14
  • メディア: コミック
 
父よ、あなたは…

父よ、あなたは…

  • 作者:沖田 ×華
  • 発売日: 2020/10/16
  • メディア: 単行本
 

沖田×華氏はドラマ化もした『透明なゆりかご』が一番有名だろう。これは名作である。著者が高校生のころの、産婦人科でのアルバイト経験を下敷きにしたストーリーである。8巻まで発売されている。出産と堕胎、病気、事故、性暴力、障害、と女性の妊娠と出産にまつわるあらゆるエピソードを読むことができる。この漫画が小学校、中学校、高校の図書館に置いてあれば良いのに、と思う。

骨太のシリーズは『蜃気楼家族』。出身地魚津を舞台に、個性の強すぎる沖田家の人々が描かれる。中でも父のキャラクターは強烈である。なので『父よ、あなたは…』が早く読みたくて仕方がない。

蜃気楼家族〈1〉

蜃気楼家族〈1〉

  • 作者:沖田 ×華
  • 発売日: 2010/07/01
  • メディア: 単行本
 

 『お別れホスピタル』は、ホスピスで働く看護師視点で、終末医療を描く。『透明なゆりかご』が生命の始まりの場所である産婦人科病院を描いているので、こちらはま逆の生命が終わる場所を描く。また透明なゆりかごはノンフィクションが下敷きだが、こちらはフィクションである。主人公あゆみのキャラクターが好きだ。

お別れホスピタル(1) (ビッグコミックス)
 

他にも発達障害を当事者視点で描くやらかしシリーズ、『お別れホスピタル』と対になるような孤独死の現場を処理する特殊清掃人が主人公の『不浄を拭う人』など、連載多数である。 

不浄を拭うひと (1) (本当にあった笑える話)